聞いて、手もとに残して納得の「お守り」にしよう

契約書は自分のための「お守り」

契約書の中身は、細かいことまでたくさん書かれていて読みづらいと思うかもしれません。
しかし、契約書は最終的には借り主であるみなさんの権利を守ることにもなります。
契約書は、のちの生活を安心して送るための「証明書」です。
その証明書があれば、動かぬ証拠としての扱いに加え言った言わなかったなどの口論を回避しやすくなります。
退去時の問題になりやすいのが、原状回復で大家さんとの間で交わされたはずの取り決めだと言われています。
契約時にしっかり目を通しておくべきだった、話を聞いていませんでしたと聞くことが多く、後悔することのないようにしたいものです。
賃貸借契約書は、これからの生活のために会社と大家さんと借り主を結ぶ
ものですが、お互いが気持ちよく取り引きや取り決めができるように交わされる約束です。
いずれも、契約書をもって「お互いを信用する」ことを示すのと同じなのです。

緊張感と領収書で安心取り引きを

少し前まで賃貸の契約につきものなのが、大金を持ち歩くことと緊張感でした。
笑い話のように聞こえるかもしれませんが、普段あまり持ち歩かないものについては心のどこかで緊張してしまいませんか?
直接仲介会社へ手数料を支払うことが多い中で、振り込みの取り扱いがある会社が増えました。
その際には契約書と一緒にしっかり保管しておきたい領収書。
各保険料を払い込むときにも約款と契約書の控え、領収書はセットになっています。
これも契約した内容の一部ですので、大切に保管しましょう。
契約書に載っていない内容に関しては、こちらから口頭で質問したことと仲介会社や大家さんからの回答を日付けとともに控えておくとよいでしょう。
賃貸に関する契約書には種類があること、契約をするときには前もって必要な書類や証明書が複数必要なことがわかりました。
大家さんや仲介会社との気持ちのよい取り引きを受け持つのが、契約書の大切な役割なのです。