賃貸ではどんな契約書が取り交わされるの?

知って納得!賢く賃貸する者は、契約書を制す

必要なのは契約書だけじゃない、賢く契約をしよう!

みなさんは契約書を交わすときの心構えについて、どれだけ説明できますか。 説明ができても実際にその場になると、緊張してしまうこともあると思います。 賃貸に関しては数万から数十万単位でお金が動くのと、内容の確認不足が原因でときに借りる側にとって不利になることがあるため注意が必要です。

いざ契約、大切な書類と心構え

一緒に交わされるのは、大家さんとの約束とお互いの安心に対する保証です。 契約書に書かれた内容は量が多いのですが、口頭で説明するだけでは足りない大切な内容を書き留めた書類です。 賃貸では、契約書だけではなく前もって準備する書類がたくさんあります。 念入りに、慎重に確認していきましょう。

聞いて、手もとに残して納得の「お守り」にしよう

提示された条件や取り決めに納得したことに対して目に見える形で残される契約書は、退去するまでのお守りのような存在です。 その契約書を頼れるものにするために私たちが心がけることや、納得できるようにどのようなことをしておけばよいのか考えてみましょう。

賃貸の契約書あれこれ

どこかの施設や何かを借りるときまたは購入するときに、必ず内容を確認してサインするのが「契約書」です。
契約書とは、「当事者同士がどのような内容に合意したのかを書面にしたもの」のことをいいます。
契約書というと難しく捉えがちですが、契約については書類がなくても私たちは普段の生活の中で行っています。
身近なものではお店でのお買い物です。
商品をレジに並んで精算しますが、「この商品を買います」という意思表示のもと、レジでは「わかりました」と確認したところで買う人に「支払い義務」が、お店の人には「引き渡し義務」が発生します。
「買いたい人」がお金を支払い、「売る人」がお金を受け取り商品を渡します。
商品によっては、レシートと保証書が手渡されます。
このやり取りでお互いが承諾したことになり、売買契約が成立するのです。
では、賃貸ではどのような内容で契約書にサインをするのでしょうか。
借りる期間、賃料、借りるに当たって守らなければならない条件、約束。
大家さんと借りる側が円滑に契約を進めるための、大事な書類です。
契約書に記載されている内容について前もって知識があれば「知らなかった」と後で後悔することもなくなります。
退去する際にトラブルになってしまうのは、大抵が契約したときに「退去する際の内容」を借りる側が把握していなかったことが少なくありません。
契約の内容は物件により様々で、数枚の書面に凝縮されています。
契約後のトラブルを避けるためにも契約書の見かたを知るということが大切です。
また、契約書にサインするまでに用意しなければならない書類がいくつかあります。
その主な内容について簡単にみていきましょう。